醍醐寺 雪山

柔侠伝(漫画)の登場人物。読みは「だいごじ せつざん」。別称、醍醐寺の親分。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
柔侠伝(漫画)
正式名称
醍醐寺 雪山
ふりがな
だいごじ せつざん
別称
醍醐寺の親分

総合スレッド

醍醐寺 雪山(柔侠伝)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

両脇が跳ねた白髪に白鬚の老人。深川を縄張りとする侠客。仁義を重んじる大親分で、柳勘九郎に目をかける。柳勘九郎の父柳秋水の若き日の姿を知る。

登場人物・キャラクター

左目に古傷がある逞しい男性の柔道家。登場時19歳。鬼勘と呼ばれ、必殺技鬼巻き込みを編み出す。九州小倉で生まれ、起倒流柔術の達人である父柳秋水から過酷な修練を受けて育つ。明治38年(1905年)講道館に...

登場作品

明治38年(1905年)、柳勘九郎は講道館に挑戦するべく上京した。しかし矢崎正介ら様々な人物と出会い、また事件に巻き込まれることで思わぬ道を進むことになる。