里中 智

大甲子園(漫画)の登場人物。読みは「さとなか さとる」。別称、小さな巨人。

  • 里中 智
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
大甲子園(漫画)
正式名称
里中 智
ふりがな
さとなか さとる
別称
小さな巨人

総合スレッド

里中 智(大甲子園)の総合スレッド
2016.08.10 14:56

概要

明訓高校野球部のエース。明訓五人衆の1人。アンダースローのピッチャー。右投げ、右打ち。身長168センチと投手としては小柄なことから「小さな巨人」と称せられる。高校三年生の春の選抜大会優勝後、癌をわずらった母親を支えるため高校を休学し、ゴルフ場でキャディとして働いていた。

母親の手術が成功したこともあり、夏の甲子園大会の神奈川予選・決勝前に明訓高校野球部に復帰。不知火守率いる白新高校と対戦して勝利し、夏の夏の甲子園大会出場を勝ち取った。投手としては七色の変化球を操り、打たせてとるタイプ。山田太郎のリードに揺るぎない信頼を置いている。打者として3番を打つことが多い。

登場作品

山田太郎が属す明訓高校野球部は、甲子園大会春夏連覇を目指していた。しかし、エース里中智が休学中であることから、明訓高校野球部は県大会準決勝で苦戦し、かろうじて勝利する。だが、里中智は、不知火守率いる白...