里中 鷹志

路地恋花(漫画)の登場人物。読みは「さとなか さとし」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
路地恋花(漫画)
正式名称
里中 鷹志
ふりがな
さとなか さとし

総合スレッド

里中 鷹志(路地恋花)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

ふきこ路地に住む人形作家。毎日引きこもって一体10万円程する美少女人形を作っている。劇団を主宰する女性・浅田樹安に頼まれ、劇で使う人形の制作をするようになる。決して他人に心を開かない性格だったが、樹安に惹かれていくうちに心に変化が表れる。

関連キーワード

京都の路地にひっそり佇む長屋。大家の笠原早苗によって、住めるのは職人や芸術家といった「つくる人」限定という条件がある。家賃はかなり安く、住人たちはそこでアトリエや店舗を構えながら暮らしている。

登場作品

京都の街の片隅に、ひっそり佇む小さな長屋。ふきこ路地と名付けられたこの長屋には、職人や芸術家たちがアトリエや店を構えて暮らしている。ある日、手作り本工房の店を営む安竹小春のもとに、十和田郁巳という元人...