里見 莉芳

里見 莉芳

八犬伝―東方八犬異聞―(漫画)の登場人物。読みは「さとみ りおう」。

登場作品
八犬伝―東方八犬異聞―(漫画)
正式名称
里見 莉芳
ふりがな
さとみ りおう
関連商品
Amazon 楽天

概要

四家と呼ばれる、高名な獣憑きの家系の一つ、里見家の青年。「八房」という巨大な犬神を憑かせている。教会の特別司祭を務め、その美貌で人気が高く多くの信奉者がいる。5年前の大塚村焼失事件で犬塚信乃村雨を渡し、生き延びる機会を与えた。帝都を訪れた信乃と犬川荘介を後見人として保護するが、信乃に八つの玉と八犬士を探せと命じる。

登場作品

八犬伝―東方八犬異聞―

『南総里見八犬伝』をモチーフとし、大正から昭和初期の日本に似た世界を舞台とした和風ファンタジー。宿命を持って生まれた八人の美男子らを中心に、妖怪たちとの関わりが描かれる。 関連ページ:八犬伝―東方八犬異聞―

SHARE
EC
Amazon
logo