野中 晴

野中 晴

イエスタデイをうたって(漫画)の登場人物。読みは「のなか はる」。別称、ハル。

登場作品
イエスタデイをうたって(漫画)
正式名称
野中 晴
ふりがな
のなか はる
別称
ハル
関連商品
Amazon 楽天

概要

もともとは十泉高校の生徒だったが、校則で禁止されている飲食店でのバイトが学校に発覚して停学となり、そのまま中退した女性。ただし、バイトの一件は中退の直接の原因ではないと本人が述懐。その後は、MILK HALLというバー兼喫茶店でウェイトレスのバイトをしている。両親は離婚し母親に引き取られたが、母親の旧姓・秋本ではなく野中姓を変えなかった。

実家を離れ、母方の祖父が遺した一軒家で怪我をしたカラスのカンスケと暮らしている。中学生だったある日、本命大学の受験に向かう魚住陸生に遭遇し、なぜか心を奪われてしまう。その後、何度か陸生を見かけたことはあったが一度も接触することはなかった。

しかし5年にわたり想いを寄せ続け、偶然コンビニでバイトをする陸生に気づき、陸生が自身が飼うカラスのカンスケに餌付けをしていたところに声をかける。陸生に榀子という想い人がいることを知るがそれでも構わないので待ち続けると告げ、また十泉高校在籍時の副担任でもあった榀子には宣戦布告(ただし晴と榀子の普段の関係は良好)。

積極的に陸生にアプローチするも、女性として扱われることは少ない。のちに陸生と榀子が付き合い始めたことを知り、かつて「それでも構わない」といった手前、陸生に祝福の言葉をかけるがショックを隠しきれなかった。それと相前後して、MILK HALLのお得意様である美術予備校・関東美術学院で講師を務める雨宮から好意を寄せられるように。

優しく紳士的に接してくる雨宮に気持ちが揺れ動くが、それでもやはり陸生への想いは消えなかった。いっぱいいっぱいになった晴は、周囲に行き先を告げずに祖母が住む地方へと向かうのだった。

関連人物・キャラクター

魚住陸雄

大学での就職活動時期に自分のやりたいことが見つからず、過大な責任を負わないで住むフリーターとしてコンビニで働いていた。廃棄弁当をカラスに与えて餌付けしていたところ、そのうちの一羽・カンスケの飼い主であ... 関連ページ:魚住陸雄

登場作品

イエスタデイをうたって

大学在学中、自分のやりたいことが見つからないため就職活動をせずフリーターになる道を選んだ魚住陸生。ある日、陸生がバイトをするコンビニの廃棄弁当をカラスに与えて餌付けしていると、ひとりの見知らぬ少女から... 関連ページ:イエスタデイをうたって

SHARE
EC
Amazon
logo