野原 しんのすけ

クレヨンしんちゃん(漫画)の主人公。読みは「のはら しんのすけ」。別称、しんちゃん。

  • 野原 しんのすけ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
クレヨンしんちゃん(漫画)
正式名称
野原 しんのすけ
ふりがな
のはら しんのすけ
別称
しんちゃん

総合スレッド

野原 しんのすけ(クレヨンしんちゃん)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

アクション幼稚園ひまわり組(年中組)の、5歳の男子児童。とてつもなくマイペースで、かつ何にでも首を突っ込みたがり、様々な状況を混乱と困惑に至らせる。下膨れの輪郭に、坊主頭と太い眉毛が特徴。頭は石頭で、殴った小学生が手の痛みを訴えるほど(ただ、母親のげんこつグリグリ攻撃には弱い)。

一人称は「オラ」。なにかというと下半身を露出する悪い癖がある。好きなものは「きれいなおねいさん」と「ピチピチギャル」とお菓子。母親の名前は呼び捨てにするが、それなりに恐れている。0歳児の妹には弱い。「アクション仮面」と「超電導カンタム・ロボ」というテレビ番組のファン。「ぶりぶりざえもん」という、自分で考えた豚のキャラクターがいる。

幼稚園の同じクラスの子供らと、かすかべ防衛隊を結成している。本編以外に、「えんぴつしんちゃん」というしんちゃん(野原しんのすけ)が小学1年生になった番外編も描かれている。その他、番外編では盗まれたものを取り返すヌパン4世や、救いのヒーローぶりぶりざえもんを呼び出す流れ者や、魔法のイカリングを処分する旅に出るチョビット族などを演じた。

登場作品

埼玉県春日部市のアクション幼稚園に通う野原しんのすけ(しんちゃん)は、超マイペースな5歳の幼児。家族や近所の人々や、幼稚園の友達や先生を、しんちゃんはその奇抜な言動で混乱と困惑に巻き込んでいく。また、...