野口 英敏

最上の命医(漫画)の登場人物。読みは「のぐち ひでとし」。

  • 野口 英敏
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
最上の命医(漫画)
正式名称
野口 英敏
ふりがな
のぐち ひでとし

総合スレッド

野口 英敏(最上の命医)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

平聖中央病院院長で、温和で人あたりのいい性格をしている。名外科医と称されるが、実は25年前に心臓手術の失敗で患者を死なせた過去の持ち主。だが当時麻酔科医だった宗像彰造が中心となって事故をもみ消した。そのため宗像に頭が上がらず、言いなりに利用される。しかし力也・ルッケーゼという患者の手術後、25年前のもみ消しを週刊誌に告白。

同時に宗像の悪事を暴露した。

関連キーワード

『最上の命医』に登場する病院。私立の大病院で、全国に57の病院を擁する平聖グループの一角。救急車が渋滞すると言われるほど忙しい病院として知られ、あちこちの医局から研修医や若手医師が修行に派遣される。西...

登場作品

生後すぐに心臓の手術を受けて一命を取り留めた西條命。これを機に小児外科医を志した命はアメリカで医学を学び、腕利きの若手外科医として帰国する。その後、日本の大手私立病院・平聖中央病院を職場として選択。平...