野崎 修平

野崎 修平

監査役野崎修平(漫画)の主人公。読みは「のざき しゅうへい」。

登場作品
監査役野崎修平(漫画)
正式名称
野崎 修平
ふりがな
のざき しゅうへい
関連商品
Amazon 楽天

概要

初登場時48歳。あおぞら銀行の地蔵通り支店の店長を務めていたが、統廃合に伴う人事異動で監査役に抜擢される。監査役は形骸化していたが、就任後は銀行の理想を掲げ、徹底的な不正追及をしようとする。そうした動きは取締役や行員達の反発を招き、予算も人員も充分に与えられない中で苦闘する。

信念を曲げずに行動する彼に、まず運転手の石橋や秘書の吉野美保達が共感し、さらに共鳴する行員達が続く。一方、反発する行員達も数多く現れ、さらに総会屋の海藤義己達から危険な目に遭わされるが、決して信念を曲げない。不正追及の手は役員であっても容赦せず、自らを起用した頭取・京極雅彦にも向けられる。

武闘派の専務・武田真吾からは度々脅しとも取れる態度を取られる一方で懐柔の言葉もかけられ、厳しい態度で臨む一方経営者としての意識も教えられる。

登場作品

監査役野崎修平

野崎修平は大手都市銀行・あおぞら銀行の地蔵通り支店の店長を務めていた。支店の統廃合によって地蔵通り支店は閉鎖が決定するが、出向を覚悟していた彼の元に届いた辞令は監査役への就任だった。形骸化した監査役だ... 関連ページ:監査役野崎修平

SHARE
EC
Amazon
logo