量程車

量程車

登場作品
ふらり。(漫画)
正式名称
量程車
ふりがな
りょうていしゃ
関連商品
Amazon 楽天

概要

『ふらり。』に登場する測量用の機器。7話の「雨」に設計図だけ登場。車を移動し、その動輪の回転数を歯車で数え、距離を表示するように作った測量器具。隠居した中年男は脚気で足が動かなくなった男が乗る車いすを街で見かけ、この仕掛を思いつく。12話の「馬」で、この機器を馬に引かせれば良いと考える。もちろん実在の機械で、伊能忠敬はこれを用いて測量を行った。

登場作品

ふらり。

江戸深川黒江町に居を構えた隠居した中年男は、毎日江戸の街を歩いて、おのれの歩幅で測量を行う訓練をしていた。多くは一人で、時には妻のお栄を伴い、江戸中を歩き、植物や動物の目で風景を幻視する。実は彼は正確... 関連ページ:ふらり。

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
ふらり。
logo