金原亭 ぎん馬

金原亭 ぎん馬

寄席芸人伝(漫画)の主人公。読みは「きんげんてい ぎんば」。

登場作品
寄席芸人伝(漫画)
正式名称
金原亭 ぎん馬
ふりがな
きんげんてい ぎんば
関連商品
Amazon 楽天

概要

運に恵まれず、何人もの師匠に付いて修行を重ねる噺家。最初の師匠は弟子入り後一年で急死してしまい、次の師匠は博打で刑務所へ、その次の師匠は脳溢血で倒れ、持ちネタは最初の師匠が稽古を付けてくれた前座噺「道灌」だけ。同じ噺しか演じられないために道灌小僧と嘲られる。

登場作品

寄席芸人伝

橘家万太郎は、人一倍真摯な芸人。人情噺の名人と評判を取っているが、金で芸を荒らしたくはないと、高座は1日1度に決めていた。しかし、息子の病によって八百円もの借金を負い、その返済のため、珍芸ヘラヘラ踊り... 関連ページ:寄席芸人伝

SHARE
EC
Amazon
logo