金原亭 秀之助

金原亭 秀之助

寄席芸人伝(漫画)の主人公。読みは「きんげんてい ひでのすけ」。

登場作品
寄席芸人伝(漫画)
正式名称
金原亭 秀之助
ふりがな
きんげんてい ひでのすけ
関連商品
Amazon 楽天

概要

元・浪曲師の噺家。かつては粗野な物乞い芸として蔑まれていた浪花節を、寄席の出し物として認めさせるために苦労を重ねる。やがてその努力は実り、東京市内に浪花節の定席が十数軒にも増えることとなった。しかしそんな折、秀之助は何者かに水銀を飲まされてしまう。命は取り留めたものの、以前の美声を失った秀之助は、噺家として再出発することを決意する。

登場作品

寄席芸人伝

橘家万太郎は、人一倍真摯な芸人。人情噺の名人と評判を取っているが、金で芸を荒らしたくはないと、高座は1日1度に決めていた。しかし、息子の病によって八百円もの借金を負い、その返済のため、珍芸ヘラヘラ踊り... 関連ページ:寄席芸人伝

SHARE
EC
Amazon
logo