金子 優作

金子 優作

同じ月を見ている(漫画)の登場人物。

登場作品
同じ月を見ている(漫画)
正式名称
金子 優作
関連商品
Amazon 楽天

概要

暴力団・一ツ橋組に属する30歳前後のヤクザ。児童養護施設から少年院を経て、松田正次の舎弟としてヤクザに。正次が死んだ後、新宿のぼったくりバーと賭場の取り立てで糊口をしのいでいた。少年院を出たものの身寄りのないドンを、しばらく自宅に置いてやる。

オジキである坂崎組長暗殺を命じられるが、土壇場で坂崎を裏切り組長を助けた。その際にドンが優作の身代わりに撃たれ、瀕死の重傷を負う。ドンと過ごすうちにカタギを志すようになり、組を離れて植木屋を始めた。だが組長暗殺を妨害したことで尾魏組の恨みを買い、路上で刺されて死ぬ。

関連人物・キャラクター

松田正次

一ツ橋組のヤクザ。5年前、命を取りに行った相手に撃たれて死んだ。松田雪恵の兄、金子優作と杯を交わした兄貴分。死の直前、妹のために足を洗って正業に就こうとしていた。 関連ページ:松田正次

水代元

軽井沢出身。母親が他界したのち、暴力を振るうアル中の父親と廃屋のような家で暮らしていた。子供時代の仇名はドンちゃん。相手が思っていることを絵にする不思議な力がある。口べたで言葉数が少なく、周囲を顧みず... 関連ページ:水代元

登場作品

同じ月を見ている

アル中で生活保護の父親と暮らす水代元(通称ドン)、大使の娘で病弱なエミ・コールドマン、転校生の熊川鉄矢。3人は幼い頃から友情を育み、エミは不思議な絵の才能があるドンに惹かれていた。やがて高校時代に鉄矢... 関連ページ:同じ月を見ている

SHARE
EC
Amazon
logo