金子 千秋

極悪がんぼ(漫画)の登場人物。読みは「かねこ ちあき」。別称、金子。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
極悪がんぼ(漫画)
正式名称
金子 千秋
ふりがな
かねこ ちあき
別称
金子

総合スレッド

金子 千秋(極悪がんぼ)の総合スレッド
2016.07.11 19:05

概要

秦秘密探偵事務所に身を置く、海千山千の事件屋。巨額の利権を巡って対立した神崎守を殺そうとするなど、稼ぎのためには手段を選ばない。いっぽう情に厚い面もあり、幼なじみの本間とその遺族の事業を守るため奔走。かつて秦光浩所長の強大な力に憧れ、自ら事務所に身を預けて事件屋稼業に入った。

だが冷酷無比に所員を弄ぶ秦所長への憤りが蓄積し、旧友の城岡が破滅させられたのを機に反旗を翻した。それに対して秦所長は、見せしめに金子を幼なじみの本間の遺族もろとも破滅させようと追い詰める。焦燥した金子秦所長を道連れに自殺まで図るが、2人とも九死に一生を得た。金子はこれを機に生き方を変える決心をし、芸南市役所都市計画課課長の尾手盛の後押しを得て市会議選に出馬、当選を果たす。

神崎とはたびたび反目し合ってきたが、秦所長との対立や選挙を経て信頼し合う仲になる。

登場作品

中学生時代に両親に捨てられ、辛酸を舐めながら生きてきた青年、神崎守。ひょんなことから4000万円の借金を負わされると同時に、他人のもめごとに介入して荒稼ぎする事件屋集団の秦秘密探偵事務所で使われる身と...