金春 久吉

金春 久吉

さくらの唄(漫画)の登場人物。読みは「こんぱる ひさきち」。市ノ瀬詠子とはライバル関係。市ノ瀬利彦とは親族関係にある。

登場作品
さくらの唄(漫画)
正式名称
金春 久吉
ふりがな
こんぱる ひさきち
関連商品
Amazon 楽天

概要

『さくらの唄』の主人公である市ノ瀬利彦の叔父。以前は母親と実家で同居していたが、母親の死にともない相続税を支払わないために利彦の家に妻とともにおしかけてくる。利彦の姉である市ノ瀬詠子を狙っていた。やがて物語の舞台となる街、富士桜ヶ丘を金と暴力で支配するようになる。利彦をみずからの後継者として一方的に溺愛し、利彦のかつての担任教師である三ツ輪裕子を罠にかけて利彦にあてがい初体験をさせる。

その様子をおさめた映像を、利彦が撮影していた映画にさしかえて文化祭当日に上映させ、利彦の学校での居場所を奪おうとした。作品が連載されていた時期に話題になっていたバブル時代の不動産の高騰や地上げなどに関わる存在として描かれている。

関連人物・キャラクター

市ノ瀬詠子

『さくらの唄』の主人公である市ノ瀬利彦の姉。かつて利彦と同じ富士桜ヶ丘高校に通っていた。恋愛結婚で家を出ていたが、夫のDVのため離婚し戻ってきている。突然におしかけてきた叔父金春久吉とその妻のことを嫌... 関連ページ:市ノ瀬詠子

市ノ瀬利彦

富士桜ヶ丘高校の美術部に所属する無気力な少年。両親不在の家で、離婚して戻ってきた姉市ノ瀬詠子と暮らしていたが、突然おしかけてきた叔父の金春久吉とその妻に居座られることになる。作品冒頭で妊娠を明かして退... 関連ページ:市ノ瀬利彦

登場作品

さくらの唄

市ノ瀬利彦は、富士桜ヶ丘高校の美術部に所属する無気力な少年。離婚して戻ってきた姉の市ノ瀬詠子と2人暮らしをしていた利彦だったが、その家に悪どい不動産業を営む叔父金春久吉とその妻がおしかけてくる。叔父夫... 関連ページ:さくらの唄

SHARE
EC
Amazon
logo