• るくるく (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 金漠山梵提寺

金漠山梵提寺

金漠山梵提寺

登場作品
るくるく(漫画)
正式名称
金漠山梵提寺
ふりがな
きんばくざんぼんでいじ
関連商品
Amazon 楽天

概要

『るくるく』に登場する、怪しげな寺。現在の住職は凌貫で、原始仏教の一派を自称する。開祖は飢饉に苦しむ民のために即身仏となった高僧と言われる。ところが、高僧ではなく口のうまい大工の息子が、妬みを買ってムリヤリ即身仏にされただけだった。本尊はインド由来らしき怪しい神像だったが、ヨフィエルが天国に戻るときに破損したらしい。

新たな本尊は、さらに古い時代の神とされる異形の像。

登場作品

るくるく

ある朝、平凡な中学生鈴木六文が目覚めると、見知らぬ小さな悪魔の姫瑠玖羽が朝食を作っていた。瑠玖羽は案山子姿の悪魔ブブとともに家族として暮らし始める。一方、悪魔の計画を阻止するためにやってきた天使は、近... 関連ページ:るくるく

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo