金田 勝一

女神の鬼(漫画)の登場人物。読みは「かねだ かついち」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
女神の鬼(漫画)
正式名称
金田 勝一
ふりがな
かねだ かついち

総合スレッド

金田 勝一(女神の鬼)の総合スレッド
2016.09.18 13:03

概要

五代目陴威窠斗メンバー。サバイバルナイフを常に持ち歩き、躊躇なく人を刺す凶暴な性格。幼いころ、麻薬中毒の母親に襲われ重症を負ったが、コンに助けられた。自分を殺しかけたのは義理の母親だと思い込んでいたが、ある日真実を知り狂乱し、一帯の小学校にその名を轟かせる。アキラショーチャンとはそのころから因縁がある。

ある日、スーパーの店員を刺し、警察に追い込まれコンにまで重症を負わせてしまう。中学生になってからはケンエーに引き込まれ陴威窠斗に加入。抗争では裏切ったケンエーに付いた。その後、検挙され、鎖国島へと渡った。島では西側の一員となる。

登場作品

1979年、広島。「王様」を夢見て暴れ狂う日々を送っていた小学生佐川義(ギッチョ)は、鬼に扮した男たちが子供を追い回す「鬼祭り」の日に四人の鬼たちと出会う。花山靖、原真清、虎鮫茂(ハンニャ)、望月隆(...