金田 正一

おれとカネやん(漫画)の登場人物。読みは「かねだ まさいち」。別称、カネやん。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
おれとカネやん(漫画)
正式名称
金田 正一
ふりがな
かねだ まさいち
別称
カネやん

総合スレッド

金田 正一(おれとカネやん)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

昭和7年生まれ。国鉄スワローズの投手として、昭和33年4月5日の読売巨人戦で、プロデビュー間もない長嶋茂男から4打席4三3振を奪った。読売巨人でも投手として活躍するが昭和45年に引退。昭和48年にロッテ・オリオンズの監督に就任すると、勝三四郎をドラフト指名した。

実在のプロ野球選手であった、金田正一がモデル。

登場人物・キャラクター

昭和33年4月5日に国鉄スワローズで投手の金田正一が対読売ジャイアンツ戦で長嶋茂雄を相手に4打席4三振を取った日に生まれ、金田正一の背番号が34番であることから、父・勝大吉に三四郎と名付けられた。この...

関連キーワード

『おれとカネやん』に登場する組織。実在した球団。読売巨人の投手を引退した金田正一が、昭和48年に監督に就任した。高校1年の勝三四郎はドラフトで指名されて入団する。

登場作品

背番号34番の大投手・金田正一が長嶋茂雄から4打席4三振を取った日に生まれた勝三四郎は、父・勝大吉の指導や母に支えられながら、野球選手として成長していく。ライバルとの試合や困難を乗り越えた勝三四郎は、...