金角と銀角

西遊妖猿伝(漫画)の登場人物。読みは「きんかく と ぎんかく」。

  • 金角と銀角
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
西遊妖猿伝(漫画)
正式名称
金角と銀角
ふりがな
きんかく と ぎんかく

総合スレッド

金角と銀角(西遊妖猿伝)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

『西遊妖猿伝』の登場人物で、いわゆる『西遊記』に登場する同名キャラクターを元に独自解釈で発展させた存在。平頂山に山塞を構える山賊の頭領兄弟。かつては唐に恭順しない劉黒闥の部下だったが、戦乱に乗じて山賊化して勢力を伸ばし、「金角大王」、「銀角大王」と名乗っている。兄の金角は腕が立ち義侠心も持ったひとかどの武将にもなれる人物だったが、弟の銀角が乱暴で素行が悪く、兄弟仲がよかったがゆえに山賊にしかなれなかったと言われている。

登場作品

猿に攫われた母親から生まれたとされる孫悟空は、巨大な猿の化け物にして神にも近い存在とされる無支奇と出会い、波乱に満ちた数奇な運命へと導かれることになる。紅孩児や竜児女といった国家に反逆するものと出会い...