釘宮 方美

釘宮 方美

ボールルームへようこそ(漫画)の作品登場人物。読みは「くぎみや まさみ」。

登場作品
ボールルームへようこそ(漫画)
正式名称
釘宮 方美
ふりがな
くぎみや まさみ
関連商品
Amazon 楽天

概要

若い長身の社会人男性で、兵藤ソシアルダンスアカデミーに所属し、井戸川民絵とペアを組んで踊っているアマチュアダンサー。最初は国枝 忠のダンススクールに入会した。支配的で方美に全く関心を持たない冷たい父親のもとで育つ。ダンスなんかに時間がとられているから学業で一番になれないと父親は言う。競技会にも家族は応援に来ない。元々は引っ込み思案な性格であるが、意識的に周りを全てもやのようなモジャモジャに変えプレッシャーを消す事ができる。 頭頂部にだけパーマをかけ、それ以外の髪を刈りあげた髪型に「マッチ棒のよう」と評される細身の体型をしている。自意識に殺されかけ、死にたいと思っていても自殺する勇気がないから他の誰かが殺してくれるのを待っていたところ、トラックに轢かれ背骨を折った。しかし命は助かり、一度競技会を引退していたが、リハビリを続け、最近復帰した。ダンスのオールドスタイルを極めることを目指している。事故の後遺症のためパートナーを動かすのはうまいが、ダンサーとして非常に支配的で、冷たい言動が目立つ乱暴な性格。そのため民絵のことも「落ち武者」呼ばわりしているが、一方で自分以外の人間が「落ち武者」と呼ぶのは許さない。富士田 多々良が昔の引っ込み思案だった自分の姿と重なりイラついてしまう。良いダンスができる時は、フロアにいる他のダンサーが黒いモジャモジャのもやのように見えて気にならなくなり、集中してダンスができる。ちなみにこの黒いもやのことを、釘宮方美本人は「ちん毛」と呼んでいる。

関連人物・キャラクター

兵藤 マリサ

兵藤清春の母親で、兵藤ソシアルダンスアカデミーで講師を務める女性。元プロフェッショナルスタンダードチャンピオンでもある。前髪を左寄りの位置で分け、胸まで伸ばした巻き髪ロングヘアにしている。眼鏡をかけ、... 関連ページ:兵藤 マリサ

登場作品

ボールルームへようこそ

ある日、偶然に社交ダンス教室を訪れ、その美しさに魅せられた男子中学生が、ダンサーを志し活動する姿を描いた青春ストーリー。タイトルの「ボールルーム」は「舞踏室」、「ボールルームダンス」は「社交ダンス(競... 関連ページ:ボールルームへようこそ

SHARE
EC
Amazon
logo