釣舟

渕となりぬ(漫画)の登場人物。読みは「つりふね」。大内慰世とは親族関係にある。

  • 釣舟
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
渕となりぬ(漫画)
正式名称
釣舟
ふりがな
つりふね

総合スレッド

釣舟(渕となりぬ)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

大内慰世の妹。政略結婚で三度嫁ぐが、三度とも相手が敵となり兄大内慰世に討たれ、毎回連れ戻されている簿幸の娘。三枝羽角に淡い恋をいただきつつ、細川元房のもとへと政略結婚させられる。

登場人物・キャラクター

周防の大内家当主。河原で偶然出会った三枝羽角を「我が天人」と呼び寵愛する。野心家、田舎者、と言われるのを快く思わず、旧知の遊佐に「雅の道にも長けていることを表すため能一座の後援をしてはどうか」と紹介さ...

登場作品

室町時代末期、三枝座の大夫の次男三枝羽角は、白楊座との立合能を経験し、伝統だけではなく創作能の実現に心思いを馳せる。父の後妻の連れ子乙輪の舞に天賦の才を感じ、伝統能に優れた白楊座に預けるが、乙輪を失い...