鈴木 サトル

鈴木 サトル

サバイバル(漫画)の主人公。読みは「すずき さとる」。

登場作品
サバイバル(漫画)
正式名称
鈴木 サトル
ふりがな
すずき さとる
関連商品
Amazon 楽天

概要

中学生の少年。物語開始時は13歳で、3話目で14歳の誕生日を迎えるが、以後につては不詳。洞窟を友人と探検中に巨大地震に遭遇する。洞窟から脱出した彼は、地殻変動によってできた小さな島に自分がいることに気づく。そこで約1年ほど生き残るための苦難の日々を過ごしたあと、ふたたび起きた地殻変動で隆起した土地へ、家族との再会を信じて向かう。

以後、東京を経て富士山へと進み、それから本州の山間部を移動する。震災前は特に才能がある少年ではなかったが、島で一人暮らしを始めてから知恵と経験で生き残りの技術(猟や薬草の選別など)を身につけ、成長していく。手先は器用で、様々な道具を手作りする。歩くことも得意で、昔イベントに参加して60キロの道を休まず歩いたことがある。

登場作品

サバイバル

中学生の鈴木サトルは友人たちと洞窟探検をしていたが、突然、巨大地震に襲われる。友人とはぐれた彼が外へ出てみると、地形は激しく変化し、海に囲まれた小さな島になっていた。たった一人になってしまったサトルは... 関連ページ:サバイバル

SHARE
EC
Amazon
logo