鈴木 克洋

秘密—トップ・シークレット—(漫画)の登場人物。読みは「すずき かつひろ」。

  • 鈴木 克洋
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
秘密—トップ・シークレット—(漫画)
正式名称
鈴木 克洋
ふりがな
すずき かつひろ

総合スレッド

鈴木 克洋(秘密—トップ・シークレット—)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

科学警察研究所法医第九研究室、通称「第九」の所員。故人。身長186cm、体重78kg、O型、かに座の2026年7月5日生まれ。神奈川県出身。家族は両親と妹。小さい頃の夢は警察官。趣味は夏はダイビングとサーフィン、冬はスキーで、三好雪子と出会うまでは、毎年、薪剛を連れて行っていた。2045年に東京大学法学部に入学、20歳で実家を出て東京にアパートを借り1人暮らしを始める。

警察大学校卒業後は警視庁上野東警察署、警察庁生活安全局、静岡県警刑事部、警視庁刑事部を経て「第九」へ配属される。2059年8月上旬、薪に射殺される。享年33歳。死亡時の階級は「警視」。

薪とは大学時代からの親友で、薪が心を許していた数少ない1人。画期的なMRI捜査技術が、犯罪捜査に果たす大きな進展に希望を抱いていた。薪の精神状態の危うさに気づき、「28人連続殺人事件」の犯人・貝沼清孝のMRI映像を独りで解析したことで精神のバランスを崩し、貝沼のデータを破壊して自殺を試みる。制止に入った薪に正当防衛で射殺されることを狙い発砲し、薪に撃たれて死亡した。

長身のイケメンで能力も高いが、意外に猜疑心が強く勘が鋭い。三好雪子とは婚約していた。

登場人物・キャラクター

科学警察研究所法医第九研究室、通称「第九」の室長。階級は警視正。2027年1月28日生まれのAB型、身長163cmで体重50kg。2060年時点で33歳。小さい頃の夢はアメリカ人になり全米スペル選手権...

関連キーワード

MRI捜査を専門に行っている組織。科学警察研究所に属するが、警察庁内の正式な機関という位置付けではない。基本的に現行の事件は他部署と合同で行う。

登場作品

世界観タイトルの「秘密」は個人が「墓まで持っていく秘密」を意味している。この「秘密」は今までは決して暴かれることがなく、本人の死亡と共に永遠の謎となるはずだった。ところが、毎日自分が頭の中で思い描く、...