鈴木 貴子

ありがとう(漫画)の主人公。読みは「すずき たかこ」。別称、貴子。鈴木一郎とは親族関係にある。

  • 鈴木 貴子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ありがとう(漫画)
正式名称
鈴木 貴子
ふりがな
すずき たかこ
別称
貴子
別称
貴ちゃん

総合スレッド

鈴木 貴子(ありがとう)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

鈴木家の次女で中学生。黒髪のショートカット。自宅で犯される姉鈴木貴子とアルコールに溺れる母鈴木さくらを横目に、自室でコンビニで購入した弁当を食べるなど、冷静・淡々と過ごす。素直で優等生タイプの姉と比べると、無表情・無感動でやや可愛げのない性格ではあるが、一度キレると歯止めがきかなくなる。

口うるさく、何かと論点のズレる父、鈴木一郎を心の中で見下し、最初こそは嫌々従うが、徐々に反抗的な態度を取るようになる。自らの卑猥な写真が雑誌に掲載された事がきっかけで、家出をする。家出後は角間アツシ宅に滞在。性行為に明け暮れ、暴走族の集会で飲酒したり無免許運転をしたり不良行為を繰り返す。無理矢理家に引き戻されるも、父と顔を合わせたくないという理由で、中学には一応通うようになるも孤立。

昼休みは屋上で過ごす。

登場人物・キャラクター

鈴木家の家長で主人公鈴木貴子の父。家庭崩壊した家族を復興するために奔走する。オールバックのヘアスタイルで三白眼のため人相は悪いが、決して悪人ではなく熱血漢。不良たちから身を守るために自宅に籠城中にも関...

関連キーワード

札幌市内にある閑静な住宅街にあるごく普通の一戸建て。作品冒頭で不良達に占拠される。番犬として愛犬チロがいたが、不良達によって殺される。隣人は何か異常を感じつつも関わりたくないため見てみぬふりをする。

登場作品

五年の単身赴任を終え半年ぶりに帰宅した鈴木家の家長である鈴木一郎が目にしたのは、角間アツシ率いる暴走族のメンバーたちに占拠された自宅。長女である鈴木昌子は薬を飲まされ、自我を失ったまま犯され、妻である...