鈴鹿御前

鬼切丸(漫画)の登場人物。読みは「すずかごぜん」。

  • 鈴鹿御前
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
鬼切丸(漫画)
正式名称
鈴鹿御前
ふりがな
すずかごぜん

総合スレッド

鈴鹿御前(鬼切丸)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

長い髪の女子の姿をした鬼。かつて「鬼姫」と呼ばれ、奥州の鬼・悪路王の妻だった。後に坂上田村麻呂の妻となり、大嶽丸などの鬼を次々に倒し、人間の生活を愛したために鬼としての記憶を封印し、女子高生として生活を送っていた。人間としての名前は小山内鈴香。鬼切丸の少年に斬られたことで呪詛から解き放たれ、記憶を取り戻す。

大通連と呼ばれる日本刀で鬼と戦う。

登場作品

はるか昔、鬼の屍から生まれたという少年の姿をした鬼は、名前を持たないが、鬼切丸という刀を携えているため、鬼切丸の少年と呼ばれている。彼は、「すべての鬼をこの世から滅せば人間になれる」という高僧の言葉を...