鉱人道士

鉱人道士

ゴブリンスレイヤー(漫画)の登場キャラクター。

登場作品
ゴブリンスレイヤー(漫画)
正式名称
鉱人道士
関連商品
Amazon 楽天

概要

長い白髪を後頭部でくくり、豊かな髭と同じぐらいに長い眉を持つ容姿が特徴の小柄な老人。一族の王から遺跡探索を依頼され、妖精弓手蜥蜴僧侶と共にゴブリン退治の専門家であるゴブリンスレイヤー一党へと誘いに来る。実年齢は107歳であり、妖精弓手の十分の一にも満たない年月しか生きていないものの、隙をみては妖精弓手を子供扱いし、からかおうとするような老獪にして飄々とした性格の持ち主。

言葉づかいなども年経た老人のそれであり、職人気質の種族性も相まって含蓄のある物言いをする。鉱人族全体に言える事だが、自らの事を偏屈で職人気質なところがあると考えており、この事からゴブリン退治の妄執にとらわれているゴブリンスレイヤーと会った時も特に色眼鏡でみるような事はなく、むしろ「変わったやつ」として興味の対象としていた。

しかし、それをおいてもゴブリンスレイヤーの事は「鉱人族の中でも腕にイカれた職人のよう」と評しており、その異常性を認めている。キャラクターデザインのモチーフは、冨樫義弘の漫画『HUNTER×HUNTER』に登場する「ネテロ」。

登場作品

ゴブリンスレイヤー

蝸牛くもの同名ライトノベルのコミカライズ作品。世界で最弱のモンスターとされるゴブリンのみを執拗に狩り続ける、奇妙な冒険者の活躍を描く。残酷でハードな描写、練り込まれた世界観と「最弱のモンスターだけを狩... 関連ページ:ゴブリンスレイヤー

SHARE
EC
Amazon
logo