銀華 恋

実は私は(漫画)の登場人物。読みは「しろがね かれん」。

  • 銀華 恋
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
実は私は(漫画)
正式名称
銀華 恋
ふりがな
しろがね かれん

総合スレッド

銀華 恋(実は私は)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

元天使。堕天使となったため、悪魔を自称。20年近く学校の幻の生徒会長を務めている。白神源二郎と桐子の同級生でもある。昔紅本茜のイタズラで天使の輪をなくしたため堕天使に。その羽根が刺さると、人を罪に導く七つの欲を操ることができる。普段は茜に学校の雑務でこき使われている。

何か手伝うと、代償として「ありがとう」の言葉を要求。校内ラジオ番組月刊目安箱を通じて、目安箱に投函された生徒の悩みや相談に答えている。

登場人物・キャラクター

白神葉子の父。吸血鬼で異様に大きい。高2のときに身長が2メートル伸びた。娘の葉子が通う高校で昔、後の妻で葉子の母になる桐子と出会う。夜のプールで二人きりで泳ぎの練習をしたり、雪山の同じ小屋で遭難したり...

登場作品

隠し事ができない高校生の黒峰朝陽が告白した白神葉子は、実は吸血鬼だった。正体がバレたら退学させられるという彼女のため、朝陽は図らずも一緒に秘密を守ることになる。1年のときに好きだった学級委員長が宇宙人...