銀閣

銀閣

最遊記シリーズ(漫画)の登場人物。読みは「ぎんかく」。

登場作品
最遊記シリーズ(漫画)
正式名称
銀閣
ふりがな
ぎんかく
関連商品
Amazon 楽天

概要

幼い男の子の容姿をした妖怪。金閣という双子の兄がいる。牛魔王蘇生実験の影響で村の妖怪が暴徒と化し、銀閣と二人で逃げ出した先でカミサマに出会う。カミサマの胡散臭さに気づき、金閣を連れて逃げようとしたがカミサマに見つかり化物に変えられてしまう。魂は金閣の持つ瓢箪の中におり、人殺しを繰り返す金閣を止めようとしている。

額には「義」という文字が書いてある。

登場作品

最遊記シリーズ

玄奘三蔵が孫悟空沙悟浄猪八戒という3人の妖怪を連れて牛魔王復活を阻止すべく天竺へ向かう。道中様々な敵と出会い、戦いながらそれぞれの過去を紐解いていく。中国の伝記奇譚「西遊記」がベースにされている。峰倉... 関連ページ:最遊記シリーズ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
玄奘 三蔵
孫 悟空
logo