銅磨 蛮

銅磨 蛮

バイオレンスジャック(漫画)の登場人物。読みは「どうま ばん」。別称、ズバ蛮。スラムキングとは親族関係にある。

登場作品
バイオレンスジャック(漫画)
正式名称
銅磨 蛮
ふりがな
どうま ばん
別称
ズバ蛮
関連商品
Amazon 楽天

概要

関東の魔王スラムキングの息子。母はフランスの美人歌手ジャンヌ・モレア。父譲りの筋力を持ち、刃渡り2mの斬馬刀と寸分変わらぬ戦国刀を軽々と扱う。父に劣らぬ野心家で、魔王の座を狙っている。父の命令に反し、対立することも多い。魔王になるための資金集めとして、臓器売買や人肉ソーセージの製造販売を行う。

幼少時は人間らしい感情があったが、父によって焼き殺される母の姿を見てからは残忍・残虐な性格になる。同じ境遇で育ったからか、姉のジャンヌには優しい。

永井豪『ズバ蛮』の主人公・ズバ蛮をモチーフにしている。

各編における銅磨蛮

ズバ蛮編

騎馬武者軍団・ドラゴン百鬼隊を率いて、唯一関東外と接触のある経済的要地・外界空港の守備にあたる。

九龍(クーロン)編

ドラゴン九龍隊をスラムキングから預かり鍛え上げる。異形の超能力者集団・九龍隊を用いて、スラムキングも手こずるバイオレンスジャックを殺そうと画策する。

ジャンヌ編

姉のジャンヌが新入りの大倉波太を気に入った様子を見てとり、波太を姉のお世話係に任命する。

魔王編

スラムキングの息子とされてきたが、その正体は堕天使サタンの分身の一人であったことが明かされる。スラムキングが悪魔王ゼノンに変身した際、ゼノンと合体する。

関連人物・キャラクター

スラムキング

関東を暴力で支配しようとする魔王。鍛え上げた1cmもある鉄板でできた鎧や兜、面あてを着こんでおり、鎧兜の総重量は300kgにもなる。常に外に向かって力を発揮しないと自身の骨や内臓を押しつぶしてしまう異... 関連ページ:スラムキング

ジャンヌ・モレア

銅磨蛮ことズバ蛮の母。フランスの美人歌手だったが、関東地獄地震の十数年前、後のスラムキング、銅磨高虎の妻となる。当初は人間扱いされたが、スラムキングの歪んだ心から、やがて監禁・緊縛・拷問されるようになり、最期は息子の見ている前で焼き殺される。

ジャンヌ

魔王スラムキングの娘でズバ蛮の姉。フランス人の母を持ち、聖女のように美しい容姿をしている。一方父譲りの異常筋肉の持ち主で、力を外に発散させるように、いつも中世騎士の重い鎧を着ている。幼少時、スラムキン... 関連ページ:ジャンヌ

関連キーワード

ドラゴン

『バイオレンスジャック』に登場する組織。関東の魔王スラムキング配下で、キングの力を誇示し、人々に恐怖を抱かせるために作られた騎馬武者軍団。黒い鎧に身を纏った長蛇の騎馬軍団が荒野を疾走する姿が竜に似てい... 関連ページ:ドラゴン

戦国刀

『バイオレンスジャック』に登場する武器。スラムキングの息子・銅磨蛮(ズバ蛮)が使う。鎧武者を馬ごと両断するスラムキングの斬馬刀と寸分たがわない刃渡り2mの大太刀。永井豪の『ズバ蛮』で主人公・ズバ蛮が使用していた同名の日本刀をモチーフにしている。

登場作品

バイオレンスジャック

巨大地震により、日本から分断され、無法地帯と化してしまった関東を舞台にした文明崩壊もの。忽然と現れた謎の巨人・バイオレンスジャックと関東を支配しようとする魔王スラムキングの死闘や、地獄と化した関東で逞... 関連ページ:バイオレンスジャック

SHARE
EC
Amazon
logo