銅磨 高虎

バイオレンスジャック 黒の森編(漫画)の主人公。読みは「どうま たかとら」。別称、スラムキング。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
バイオレンスジャック 黒の森編(漫画)
正式名称
銅磨 高虎
ふりがな
どうま たかとら
別称
スラムキング

総合スレッド

銅磨 高虎(バイオレンスジャック 黒の森編)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

関東を暴力で支配しようとする魔王。関東地獄地震の約30年前に母親の下腹部を引き裂いて誕生。異常筋肉の持ち主で、常に外に向かって力を発揮しないと自身の骨や内臓を押しつぶしてしまう。そのために赤ん坊の頃から鎧兜を着せられ、また特殊なつくりの蔵に閉じ込められていた。十数年後、鎖でつながれ、獣のように吠える高虎だったが、新しい家庭教師・秋葉優子のお蔭で、コミュニケーション力を身に着け、力の加減を覚えるようになる。

優子に好意を寄せていた高虎は、ある日弟と優子の性行為を目撃し逆上する。

登場人物・キャラクター

東京の女子大生。銅磨高虎の家庭教師として雇われる。人間らしい心を取り戻させるために、自分の裸を餌にして高虎を教育する。銅磨家の次男・高次に処女を奪われ、復讐のために蔵から高虎を解き放つ。

登場作品

関東地獄地震の約30年前、信州の名家・銅磨家で一人の赤ん坊が誕生した。母親の下腹部を引き裂いて誕生した小さな怪物の名は銅磨高虎。のちの魔王スラムキングである。常に外に向かって力を発揮しないと自身の骨や...