銘刀鋼丸

黒鉄〈KUROGANE〉(漫画)の登場人物。読みは「めいとうはがねまる」。別称、藤波 鋼丸。

  • 銘刀鋼丸
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
黒鉄〈KUROGANE〉(漫画)
正式名称
銘刀鋼丸
ふりがな
めいとうはがねまる
別称
藤波 鋼丸

総合スレッド

銘刀鋼丸(黒鉄〈KUROGANE〉)の総合スレッド
2016.08.04 14:45

概要

迅鉄と同じく平間源吉によって改造され、人間から刀の姿になった。柄頭の近くに目が誂えられており視覚を有する上、言葉を発することも可能。ただし脳は刀のサイズに収まらないので迅鉄の頭部に同居させられており、迅鉄と距離が離れると喋られなくなってしまう。また迅鉄自身の脳と隣り合っているため、迅鉄の思考が読み取れ、また迅鉄が見る夢も共有(鋼丸が見る夢も迅鉄が共有する)。

普段は声を発せられない迅鉄の口代わりに、迅鉄が話しているように演じている。さまざまな技術が搭載されているため、普通の刀に比べると非常に重い。もともとは常陸国笠間のある藩に仕える武家の嫡男だったが、幼なじみの溪沢響と許嫁になる話がまとまった直後、父親が浪人に斬り殺されてしまう。

武士のしきたりで仇討ちの旅に出て、翌年高松で本懐を遂げるもそのときに負った傷が悪化し死亡。意識を取り戻すとそこは源吉の自宅で、しかも目と脳だけになっていた。鋼丸の希望で源吉は彼を刀に改造、偶然そのとき死んだばかりの迅鉄も源吉の自宅にあったため、脳を迅鉄の頭に収めることとなる。

源吉の死後、迅鉄とともに諸国を旅するようになるが、あるとき響と思いがけず再会。旅芸人の一座に身を寄せるようになっていた響は心を壊しており、行く先々で殺人を繰り返していた。それ以上の罪を重ねさせないため、自分自身で響を斬り裂く決意を固める鋼丸だったが、いざその場に直面すると、結局彼女の命を奪えず苦悩する。

登場作品

舞台は江戸時代。人斬り迅鉄との異名を取る渡世人・迅鉄は、100両という大金がかけられた賞金首だった。あるとき迅鉄は、賞金を狙う犬使いの三太に追われ、からくも返り討ちにするが犬に喉笛を食いちぎられてしま...