錦 丹波

カムイ伝 第二部(漫画)の登場人物。読みは「にしき たんば」。

  • 錦 丹波
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
カムイ伝 第二部(漫画)
正式名称
錦 丹波
ふりがな
にしき たんば

総合スレッド

錦 丹波(カムイ伝 第二部)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

日置領の代官。厳しい態度で百姓と向き合っていたが、しだいに軟化した。二階堂流の使い手。酒井忠清と望月佐渡守の謀略により、娘の鞘香と共に罪人として扱われるが、加代の嘆願により解き放たれた。

登場人物・キャラクター

日置大一揆の指導者のひとり。一揆後、錦丹波の計略により舌を抜かれ、裏切り者に仕立てられた。そのため百姓たちに襲われ、生死不明になる。しかし生き残り、妻と次男と共に下総に現れる。土木工事を専門とする黒鍬...
徳川幕府の老中。下馬将軍と呼ばれる。天下の権力を握ろうと、さまざまな陰謀を画策する。猿渡藩主の望月佐渡守と秘かに繋がり、また猪狩芸州たちを使役する。歴史上の実在の人物、酒井忠清がモデル。

関連キーワード

幕府の直轄領。日置大一揆を経て、領内は比較的落ち着いている。日置城は廃墟となり、今は猿の集団が棲み付いている。漁村だった五木代は、港町に発展した。風鳴の谷で湯屋を営んでいた喜太郎が、金鉱を発見する。中...

登場作品

徳川幕府の四代将軍徳川家綱の治世。自然界でも人間界でも、生きるための戦いが続いていた。日置大一揆を経て、道を求める草加竜之進。新たな理想を目指す正助。彼らを陰から助けるカムイ。老中酒井忠清の野望にかか...