鎧擬亜

鎧伝サムライトルーパー(テレビアニメ)の用語。読みは「よろいぎあ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
鎧伝サムライトルーパー(テレビアニメ)
正式名称
鎧擬亜
ふりがな
よろいぎあ

総合スレッド

鎧擬亜(鎧伝サムライトルーパー)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

概要

人間時代の阿羅醐の鎧に迦雄須が正しき心を封印して浄化した後、烈火・金剛・光輪・天空・水滸・夢幻・漆黒・貴力・薬師の9つに分割したもの。

仁・義・礼・智・信・忍・孝・忠・悌の心を持つ者が纏える。

登場人物・キャラクター

1,000年前、人間だった後の妖邪帝王阿羅醐の鎧を正しき心を封じて浄化、鎧擬亜を生み出す。肉体は滅んでおり、精神体になりながら雲水の姿でサムライトルーパーを導く。

登場作品

1,000年前、伽雄須によって9つの「鎧擬亜」に分けられた自らの鎧を再び我が物とし、人間界を支配する野望を持つ阿羅醐が、妖邪の軍勢を従えて攻め入ってきた。それに対するのは「鎧擬亜」に選ばれた5人の少年...