鏑木 実月

東京BABYLON(漫画)の登場人物。読みは「かぶらぎ みつき」。

  • 鏑木 実月
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
東京BABYLON(漫画)
正式名称
鏑木 実月
ふりがな
かぶらぎ みつき

総合スレッド

鏑木 実月(東京BABYLON)の総合スレッド
2016.07.27 13:25

概要

昴流の小学生の時の同級生の女の子。昴流の初恋の相手でもある。16歳。父は12歳の時に他界し、現在は母親とひとり暮らし。幼い頃、彼女に言われた「嫌い」「普通じゃない」の言葉が昴流にとってはトラウマになっていたが、それは彼女が昴流を特別に意識していたからだった。高校生になり、男性たちに強姦され、周囲に噂が広がると、なかったことにしようと4か月もの間眠ってしまっていた。

依頼を受けた昴流は彼女と再会する。

登場作品

多くの人が集まり、情念や怨念が渦巻く東京を舞台に、陰陽師の皇一族の13代目当主である主人公、皇昴流は日々、人に禍をもたらすさまざまな霊障を祓う仕事に追われ、忙しい日を過ごしていた。