鏑木 雅行

金魚屋古書店(漫画)の登場人物。読みは「かぶらぎ まさゆき」。鏑木菜月、鏑木清太郎とは親族関係にある。

  • 鏑木 雅行
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
金魚屋古書店(漫画)
正式名称
鏑木 雅行
ふりがな
かぶらぎ まさゆき

総合スレッド

鏑木 雅行(金魚屋古書店)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

鏑木菜月の父親。鏑木清太郎の息子。大手出版社の社長。漫画に囲まれて育った反動から漫画を嫌悪するようになる。娘鏑木菜月を溺愛し、斯波尚顕を毛嫌いしている。

登場人物・キャラクター

くせ毛があちこちはねた髪型の男性。 漫画の禁断症状で倒れていたところを拾われ、金魚屋古書店の居候に収まり店番をつとめている。客の断片的な情報のみでタイトルや嗜好を言い当てるなど、ずば抜けた漫画の知識を...
ショートヘアーの女性。金魚屋古書店の店長鏑木清太郎の孫娘。祖父が入院したことをきっかけに店長代理を務めている。がんばり屋でしっかり者。キンコ、須藤、小篠あゆら常連達と付き合う中で漫画の知識を深めていく...
眼鏡をかけた老年の男性。金魚屋古書店の店長で鏑木菜月の祖父。体調を崩し入院したため、店を鏑木菜月に任せる。漫画への愛情が深く博識で、店の居候となっている漫画マニア斯波尚顕も感服させるほど。

登場作品

金魚屋古書店はしっかり者の店長代理・鏑木菜月と、居候の漫画マニア斯波尚顕が店番をつとめている。女子大生のキンコ、セドリの小柴あゆら常連は、みな変わり者だが漫画への愛情は深い。店に入った客は手にした漫画...