長内 要助

カムイ外伝 第二部(漫画)の登場人物。読みは「おさない ようすけ」。

  • 長内 要助
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
カムイ外伝 第二部(漫画)
正式名称
長内 要助
ふりがな
おさない ようすけ

総合スレッド

長内 要助(カムイ外伝 第二部)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

海良藩剣法指南役にして無限流道場主の老人。自分の同門であり親友の伊吹兵馬の紹介状を持って訪れたカムイが遊女殺しの嫌疑で捕らえられた時に、身元を引き受けて家に留まらせた。宿敵だった石州岩戸の住人京極流の荒瀬孤竜との真剣対決においてからくも勝利するが、その息子の荒瀬隼人から新たな対決を挑まれる。

だが老いたうえに長患いで伏せることもたびたびとなっていた長内要助は、城下で若い女を斬り殺しては血を吸う行為を密かに繰り返しており、その現場をカムイに見つかり討たれてしまう。息子の長内十兵ヱはカムイが吸血鬼で、父が殺されたと藩の大番頭迫間軍兵ヱに知らせて追っ手を出させるが、藩の者でない早川数馬以外は追忍共々カムイに倒されてしまった。

この後、長内十兵ヱは自決している。

登場人物・キャラクター

夙谷の非人部落出身の天才忍者。自由を求めて忍者になったが、その非情な掟に反逆して抜け忍となり、同郷の追忍たちから追われる身となった。変移抜刀霞斬りや飯綱落とし、十文字霞崩しなどの必殺技を持つ。旅先では...

登場作品

江戸時代の寛文年間、非人とされる部落民から忍者となったカムイは非情な宿命に反逆して抜け忍となり、追っ手の追忍たちに狙われては打ち倒していく。逃亡の旅の中で同じ抜け忍や盗賊一味の小頭など、様々な困難を背...