長尾 棗

白暮のクロニクル(漫画)の登場人物。読みは「ながお なつめ」。別称、津野田 棗。伏木あかりとは親族関係にある。

  • 長尾 棗
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
白暮のクロニクル(漫画)
正式名称
長尾 棗
ふりがな
ながお なつめ
別称
津野田 棗

総合スレッド

長尾 棗(白暮のクロニクル)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

故人。雪村魁の元恋人であり、伏木あかりの祖母。長い間が死亡したと聞かされており、別の男性と結婚もしたが、ある時が生きていると知ると、彼に手紙を書き、再開した。しかし、その帰り道羊殺しの被害者となり、死亡してしまう。

登場人物・キャラクター

178センチの長身な女性。厚生労働省の職員であり、研修として食中毒の現場に立ち入り調査をした際に、オキナガの殺害現場に出くわす。そこで竹之内唯一の目に止まり、夜間衛生管理課へ配属となり、雪村魁との連絡...
オキナガ。見た目は少年だが、年は88歳である。厚生労働省の参事、竹之内唯一から依頼を受けて、オキナガに関する事件を解決している。豊富な知識と鋭い思考力を持つ。物覚えも良く、触ったことがなかったパソコン...

登場作品

厚生労働省職員の伏木あかりは、研修として食中毒の現場に立ち入り調査をした際、殺人事件に出くわす。その時居合わせた、厚生労働省参事の竹之内唯一の目に止まり、不老不死の種族オキナガを管理する組織、夜間衛生...