長嶺 判官

長嶺 判官

アンゴルモア~元寇合戦記~(漫画)の登場人物。読みは「ながみね はんがん」。

登場作品
アンゴルモア~元寇合戦記~(漫画)
正式名称
長嶺 判官
ふりがな
ながみね はんがん
関連商品
Amazon 楽天

概要

白く長い髪、左目の横に刺青を入れた男性。刀伊祓(防人の末裔)の中心人物。壇ノ浦の戦いで入水したはずの安徳帝に仕えているという。佐須で夜を明かす朽井迅三郎輝日姫の前に、鬼剛丸と共に現れる。蒙古軍との戦いで朽井迅三郎に加勢するが、敵か味方か判然としない。

登場作品

アンゴルモア~元寇合戦記~

文永11年(1274年)秋。後に「世界を滅ぼす大王」(アンゴルモア)の出づる地と呼ばれるモンゴル(蒙古)から侵略の手が近づく対馬。嵐の中を、この対馬に向かう流人船があった。罪人としてこの船に乗っていた... 関連ページ:アンゴルモア~元寇合戦記~

SHARE
EC
Amazon
logo