長老の息子

長老の息子

河童の三平(漫画)の登場人物。読みは「ちょうろうのむすこ」。

登場作品
河童の三平(漫画)
正式名称
長老の息子
ふりがな
ちょうろうのむすこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

河童の長老の息子で、三平と瓜二つの顔をした河童。父親に命じられて地上世界に留学することになる。地上では、三平と1日交代で小学校に通い、それがもとで様々な騒ぎが起こる。三平に比べると野性的で腕っ節も強い。なお、劇中では名前を呼ばれることはないが、後に発表された雑誌連載版ではかん平という名前が与えられている。

関連キーワード

河童の国

『河童の三平』に登場する河童たちの住む国。三平の家の近くを流れる川の底に入り口があり、その中では多くの河童たちが気ままに暮らしている。河童たちは人間のことを下等な生物とみなしていたが、三平の話を聞いた河童の長老は、人間社会に興味を持つようになった。

登場作品

河童の三平

山奥の一軒屋に住む主人公河原三平が、河童と出会ったことから始まる奇妙な物語。怪異譚ではあるが、読む者に恐怖を与えるような表現は少なく、死神、タヌキ、小人などの人外が登場するものの、それらの大部分は退治... 関連ページ:河童の三平

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
河原 三平
小人
場所
logo