長老会

長老会

月光条例(漫画)に登場する組織。読みは「ちょうろうかい」。

登場作品
月光条例(漫画)
正式名称
長老会
ふりがな
ちょうろうかい
関連商品
Amazon 楽天

概要

それぞれのおとぎばなしの世界を管理する責任者。メンバーははだかの王様、白雪姫の継母、花咲か爺さん、乙姫、親ゆび姫、三枚のお札のおしょうさん、みにくいアヒルの子、かさじぞうのうちの一人、絵姿女房、シンデレラの仙女など。月打のことや、自分たちが物語の中のキャラクターであることをあらかじめ知っている。

年に一度、ツクヨミ本部の円卓会議場で読み手の様子や月打の兆候を報告している。アラビアンナイト事件の際、アラディンにまとめてとらわれる。

登場作品

月光条例

何十年かに一度、青い月光が降り注ぐと、「おとぎばなしの世界」がおかしくなる。そうなると長老会がつくった唯一の法律、月光条例に基づき、執行者はねじれたおとぎばなしの世界を正さねばならない。読み手の世界(... 関連ページ:月光条例

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo