門前 一草

門前 一草

おろち(漫画)の登場人物。読みは「もんぜんかずさ」。門前 理沙とは親族関係にある。

登場作品
おろち(漫画)
正式名称
門前 一草
ふりがな
もんぜんかずさ
関連商品
Amazon 楽天

概要

『おろち』の「血」に登場する門前家の姉妹の姉。幼い頃から優秀で人の注目を集め、妹の理沙にも優しかったが、比較される理沙は暗くいじけてしまう。一草は夫を迎えて門前家を継ぐが、まもなく夫は病死。心臓が悪い一草は、やがて寝たきりになる。同じ血液型で体質の似た人の心臓移植をすれば治ると医者に告げられるが、一草は興味を示さない。

理沙に門前家と血筋の繋がりがあると言われ、引き取られた少女佳子は、一草をおかあさまと呼んで慕っていた。自分は同じRHマイナスなので、死んだら一草に心臓を移植してほしいと医者に懇願する。

関連人物・キャラクター

門前 理沙

『おろち』の「血」に登場する門前家の姉妹の妹。出来の良い姉と比較され続け、深いコンプレックスを抱く。高校の頃には自分から人を避けるようになり、特に姉の一草と顔を合わせないようにした。姉は夫を迎えて門前... 関連ページ:門前 理沙

登場作品

おろち

「姉妹」「ステージ」「カギ」「ふるさと」「骨」「戦闘」「秀才」「眼」「血」の9話からなるオムニバス・ホラー。ミステリーの要素も強い。不老の少女おろちがこの世をさまよいながら、時に不幸な人に寄り添い、そ... 関連ページ:おろち

SHARE
EC
Amazon
logo