門前 理沙

門前 理沙

おろち(漫画)の登場人物。読みは「もんぜん りさ」。別称、鬼。

登場作品
おろち(漫画)
正式名称
門前 理沙
ふりがな
もんぜん りさ
別称
関連商品
Amazon 楽天

概要

『おろち』の「血」に登場する門前家の姉妹の妹。出来の良い姉と比較され続け、深いコンプレックスを抱く。高校の頃には自分から人を避けるようになり、特に姉の一草と顔を合わせないようにした。姉は夫を迎えて門前家を継ぎ、理沙は門前家とは縁の薄い遠くの九州へ嫁入りする。理沙の夫はホテル経営者の派手な男で、夫婦喧嘩が絶えなかった。

喧嘩の後、飲酒運転で対向車と衝突するが、おろちが体を庇う。相手の乗用車の男は死亡した。理沙は門前家の屋敷に戻る。心臓が悪い一草のために、理沙は門前家と血筋の繋がりがある少女佳子を引き取り、看病をさせる。

登場作品

おろち

なし 関連ページ:おろち

SHARE
EC
Amazon
logo