門馬 公春

我はその名も知らざりき(漫画)の登場人物。読みは「もんま きみはる」。加賀見七生子とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
我はその名も知らざりき(漫画)
正式名称
門馬 公春
ふりがな
もんま きみはる

総合スレッド

門馬 公春(我はその名も知らざりき)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

加賀見七生子のおじにあたる人物。家を出奔した後、パリで画家として生活していたが、精神を病み、自殺している。諸井淳とは同級生であり、友人だった。

登場人物・キャラクター

県内でも有数の名門桐門高校に通う女子高生。学業優秀でクラスメイトにも信頼が厚い。美術教師である荘村類とつきあっているが、絵に関する縁が深く、強い恋愛感情は抱いていない。進学を控え、父の希望である県内の...
加賀見七生子の父・加賀見彬彦の親戚筋の人間。七生子の志望校のひとつである国立W大学の助教授。七生子のおじである門馬公春の友人であり、七生子の出生の秘密についても知っていた。知的だが常にアルコールの臭い...

登場作品

主人公である女子高生加賀見七生子は、父の勧めに従い、地元であるW大学を受験するか、自分の希望である東京の美大を受験するか、進路に悩んでいた。父や母の勧めもあり、W大学の助教授である諸井淳に受験勉強を教...