門馬 公春

死せる王女のための孔雀舞(漫画)の登場人物。読みは「もんま きみはる」。加賀見七生子とは親族関係にある。

  • 門馬 公春
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
死せる王女のための孔雀舞(漫画)
正式名称
門馬 公春
ふりがな
もんま きみはる

総合スレッド

門馬 公春(死せる王女のための孔雀舞)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

加賀見七生子のおじ。幼少のころは神童と呼ばれ、性格は柔和で、貴公子のような美しい容姿をしていた。長く海外渡航しており、行方がわからなくなっていたが、娘と名乗る門馬水絵により、パリで画家として活躍した後、自殺した旨が伝えられる。

登場人物・キャラクター

桐門高校に通う女子高生。高校での優等生な一面と、ひとり隠れてスケッチをするような大人びた一面を併せ持つ持つ少女。頑固なところがあり、父が禁止した事であっても理不尽であると感じたことには従わない。また、...

登場作品

冬を迎えようとする親戚の家から自分のスケッチブックを引き上げようと整理をしていた加賀見七生子は、一休みしている間に眠ってしまう。庭から聞こえてきた話し声に目を覚ますと、そこには檻に入れられた孔雀と美少...