閂 若葉

閂 若葉

闇の末裔(漫画)の登場人物。読みは「かんぬき わかば」。

登場作品
闇の末裔(漫画)
正式名称
閂 若葉
ふりがな
かんぬき わかば
関連商品
Amazon 楽天

概要

閻魔庁召喚課勤務、第4領域の中国地方担当の死神。パートナーは寺杣始。セーラー服を着て天然パーマの長い髪をしている。雨の日は髪がまとまらなくて悩んでいる。代々巫女の家系で、幻想界へと続く門の開閉の権限をもつ「鍵(キーパー)」と呼ばれる存在。門は玄武、蒼龍、朱雀、白虎の4門あり、閂若葉は朱雀門の「鍵(キーパー)」。

「鍵(キーパー)」は左右の眼の色が違う人間で、閂若葉の右目は綺麗なオレンジ色をしている。

関連人物・キャラクター

寺杣 始

閻魔庁召喚課勤務、第4領域の中国地方担当の死神。パートナーは閂若葉。生前は警察に勤めていて、弓道に秀でている。すごい女嫌いで、女性に触られると体に取り憑いた火眼黒狻猊(かがんこくしゅんげい)に変身して... 関連ページ:寺杣 始

関連キーワード

十王庁

『闇の末裔』に登場する機関の名前。死後の世界といわれる冥府で、死者の生前の罪業を裁く機関。その中でも閻魔庁は閻魔大王が治める十王庁の筆頭。都筑麻斗が勤めるのは閻魔庁の中の召喚課で、裁判に関する様々なト... 関連ページ:十王庁

登場作品

闇の末裔

冥府にある十王庁では死者の生前の罪業を裁いていた。その中の閻魔庁、召喚課では裁判に関する様々なトラブルを扱う部署。仕事は基本、死者を召喚する事からそこで働くものは「死神」と呼ばれる。都筑麻斗は九州地区... 関連ページ:闇の末裔

SHARE
EC
Amazon
logo