間宮 林蔵

新・子連れ狼(漫画)の登場人物。読みは「まみや りんぞう」。別称、調所 笑左衛門。東郷重位とはライバル関係。松平伊豆守とは親族関係にある。

  • 間宮 林蔵
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
新・子連れ狼(漫画)
正式名称
間宮 林蔵
ふりがな
まみや りんぞう
別称
調所 笑左衛門

総合スレッド

間宮 林蔵(新・子連れ狼)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

公儀隠密。松平伊豆守の息子。双子の兄だが、北方探索にかこつけて弟夫婦を捜しだし殺した。その後、薩摩藩に潜入し、調所笑左衛門となる。藩の借金返済の方策で頭角を現し、ついには筆頭家老にまで登りつめた。しかし伊豆守の命に従い、薩摩藩取り潰しの陰謀を進め、さらに東郷重位拝大五郎が徳川将軍の命を狙っていることを知ると、江戸に赴き、徳川幕府の若年寄大久保加賀守に成り変わった。

実在した、間宮林蔵調所笑左衛門がモデル。

登場人物・キャラクター

薩摩示現流の開祖。武者修行の途次、拝大五郎と出会った。薩摩藩を取り潰そうとする徳川幕府の老中松平伊豆守の陰謀に巻き込まれ、死闘を繰り返す。薩摩藩の老公島津光久を殺され、さらに伊豆守の光久への成り変わり...
徳川幕府の老中。間宮林蔵の父親。徳川家康の遺命に従い、薩摩藩の廃絶を企む。そのため自らの死を装い、薩摩藩の老公島津光久を殺すと、光久に成り変わった。その後、東郷重位と拝大五郎が、徳川将軍の命を狙ってい...

関連キーワード

若年寄大久保加賀守配下の忍者集団。心に鬼を呑み、死に勝る苦しみにも耐え抜き、使命のためにはいかなる犠牲も厭わない。薩摩藩取り潰しの陰謀から始まった、一連の騒動で使い潰され、全滅した。

登場作品

宿敵との死闘で父親の元公儀介錯人拝一刀を喪った拝大五郎は、薩摩示現流の開祖東郷重位に拾われ、薩摩示現流を学びながら旅を続ける。しかし薩摩藩取り潰しを企む、徳川幕府の老中松平伊豆守と、その息子で公儀隠密...