関内・マリア・太郎

さよなら絶望先生(漫画)の登場人物。読みは「せきうちまりあたろう」。別称、マ太郎。

  • 関内・マリア・太郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
さよなら絶望先生(漫画)
正式名称
関内・マリア・太郎
ふりがな
せきうちまりあたろう
別称
マ太郎

総合スレッド

関内・マリア・太郎(さよなら絶望先生)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

出席番号11番。アジアのどこかからコンテナにのって不法入国した難民の生徒で、戸籍を元「関内太郎」から買ったためこの名前になった。褐色の肌で、身体能力は高く、パンツと靴ははかない。自らが経験した戦争の話題をすることもある。クラスメイトの援助によって生計をまかなっている。

関連キーワード

担任は糸色望、委員長は臼井影郎だが、実質木津千里が仕切っている。ネガティブすぎる糸色望がかすむほど個性的な面々がそろったクラス。いわゆるサザエさん時空で、2年から年が進んでいない。校舎はそれほど新しく...

登場作品

「何事もポジティブにしかとれない少女」風浦可符香が、「何事もネガティブにしかとれない」自殺未遂の教師糸色望に出会う。「出会ってはいけない」と言われるこの二人を軸に、クラスの個性的なメンツがドタバタを繰...