関口 政夫

関口 政夫

特攻の島(漫画)の登場人物。読みは「せきぐち まさお」。別称、関口。

登場作品
特攻の島(漫画)
正式名称
関口 政夫
ふりがな
せきぐち まさお
別称
関口
関連商品
Amazon 楽天

概要

福岡海軍航空隊予科練出身。ほかの予科練生と異なる冷めた雰囲気を漂わせていた渡辺裕三に興味を持ち、親友となる。渡辺とともに回天の搭乗員に志願。死を恐れない反面、犬死にすることを強く拒んでいた。関口も回天に搭乗して死ぬ意味を見出せなかったが、土壇場で渡辺を生かすために死ぬことを決意。

伊53潜が敵駆逐艦に囲まれて絶体絶命となった際、艦内から回天に搭乗して発進した。関口は自ら囮となって敵駆逐艦を引きつけた後、その爆雷によって回天もろとも爆死。敵駆逐艦はこれを伊53潜の爆発と勘違いして引き揚げ、渡辺らは九死に一生を得る。

関連人物・キャラクター

渡辺裕三

福岡海軍航空隊予科練出身で、階級は三飛曹、後に二飛曹に昇進した。九州の炭鉱町に暮らす貧困家庭の出身。幼い頃から残飯回収の仕事を手伝い、周りの子供に蔑まれて育つ。予科練に志願して実家に仕送りをするように... 関連ページ:渡辺裕三

関連キーワード

金剛隊

『特攻の島』に登場する部隊。菊水隊に続き、回天による2度目の特攻を行った。1945年1月出撃。潜水艦6隻に回天24基を搭載し、ウルシー泊地などの攻撃に向かう。攻撃後、伊48潜を除く5隻が帰投。敵艦18... 関連ページ:金剛隊

登場作品

特攻の島

太平洋戦争末期、日本海軍士官・黒木博司と仁科関夫は自爆兵器を考案して軍に導入を提言。やがて人間魚雷・回天として実用化され、福岡海軍航空隊予科練にいた渡辺裕三らが搭乗員として集められた。生きる意味を見出... 関連ページ:特攻の島

SHARE
EC
Amazon
logo