関 孝和

天地明察(漫画)の登場人物。読みは「せき たかかず」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天地明察(漫画)
正式名称
関 孝和
ふりがな
せき たかかず

総合スレッド

関 孝和(天地明察)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

碁の棋士を生業としていた渋川春海の生き方に多大な影響を与えた人物。多くの難問を一瞥しただけで解き明かすことから算術の天才と称され、春海も絵馬を用いた算術対決を仕掛けたことがある。後に三暦勝負に敗れ途方に暮れる春海と対面し、憎まれ口とともに発破をかけ、自ら研究していた授時暦に関する資料の全てを譲り渡す。

そして、「授時暦を切れ」という言葉と共に、改暦のための新たな暦を作り出すことを春海に託した。同名の実在人物関孝和がモデル。

登場作品

囲碁を打つ棋士の家系、安井家の嫡男である渋川春海は、算術における難問の数々を一瞥しただけで解き明かした人物、関孝和の話を聞きつけ、勝負を挑む。しかし、そのために作り出した問題に欠陥があると知り愕然とす...