関 孝和

関 孝和

天地明察(漫画)の登場人物。読みは「せき たかかず」。

登場作品
天地明察(漫画)
正式名称
関 孝和
ふりがな
せき たかかず
関連商品
Amazon 楽天

概要

碁の棋士を生業としていた渋川春海の生き方に多大な影響を与えた人物。多くの難問を一瞥しただけで解き明かすことから算術の天才と称され、春海も絵馬を用いた算術対決を仕掛けたことがある。後に三暦勝負に敗れ途方に暮れる春海と対面し、憎まれ口とともに発破をかけ、自ら研究していた授時暦に関する資料の全てを譲り渡す。

そして、「授時暦を切れ」という言葉と共に、改暦のための新たな暦を作り出すことを春海に託した。同名の実在人物関孝和がモデル。

登場作品

天地明察

江戸時代、囲碁の名家で知られる安井家に生まれた渋川春海。算術の天才、関孝和との勝負や天体観測での旅路、日本独自の暦作りなど、天文学に関わる渋川春海の生涯を描いた作品。冲方丁原作の時代小説『天地明察』の... 関連ページ:天地明察

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
渋川 春海
えん
酒井 雅楽頭 忠清
伊藤 重孝
建部 昌明
こと
水戸 光圀
その他キーワード
logo