関川 国男

関川 国男

東京闇虫(漫画)の登場人物。読みは「せきかわ くにお」。別称、国男。

登場作品
東京闇虫(漫画)
正式名称
関川 国男
ふりがな
せきかわ くにお
別称
国男
関連商品
Amazon 楽天

概要

山奥にある「国男ハウス」と称する施設の所長。常に不自然な笑顔を浮かべ、ハイテンションな中年男性。筋骨隆々としており、常人離れした体力の持ち主。弁舌も巧みで迫力があり、カリスマ性を持つ。国男ハウスとは表向きは派遣業や地域のためのボランティアを手伝う更生施設だが、国男が圧倒的な暴力とカリスマ性で所員を洗脳し、利益を独占している。

施設に集められるのは他に行き場のない者たちばかりで、死んだ際にも施設内で秘密裏に処理される。

登場作品

東京闇虫

大阪で一人暮らす23歳の青年加藤は、無計画に重ねた借金が返済不能な多額となっていた。ある晩、債権回収屋に拉致された加藤は、東京に連れて行かれ、あらゆる闇ビジネスに手を染める浅村という男と出会う。浅村は... 関連ページ:東京闇虫

SHARE
EC
Amazon
logo