関東スケバン連合

関東スケバン連合

多羅尾伴内 :七つの顔をもつ男(漫画)に登場する組織。読みは「かんとうすけばんれんごう」。

登場作品
多羅尾伴内 :七つの顔をもつ男(漫画)
正式名称
関東スケバン連合
ふりがな
かんとうすけばんれんごう
関連商品
Amazon 楽天

概要

千人のスケバンが配下の巨大組織。総番は白鷺百代。関西スケバン連合と対立している。カブトムシの養殖で稼いでいる関西スケバン連合が販路拡大と飼育場確保のために、東京の多摩フィールド・アスレチック買収に動いて一触即発となった。紙袋順平が間に入り、フィールド・アスレチックを虫の広場として、関西スケバン連合が事業主体となって、管理を関東スケバン連合に任せ、収益を分けることで決着。

登場作品

多羅尾伴内 :七つの顔をもつ男

「七つの顔の男」として活躍した名探偵・多羅尾伴内こと藤村大造は、自分の後継者として紙袋順平を得る。二代目といくつか協力して事件を解決した後、一代目は殺し屋の凶弾に倒れて命を落とす。二代目は藤村大造の名... 関連ページ:多羅尾伴内 :七つの顔をもつ男

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo